【レースレポ(EQADS)】『プリ・デ・フェット・ド・ラ・サンミシェル(9/16)』宇賀が今季仏最終戦で渡仏後初の表彰台!

Kenichi Yamazaki2018/09/24(月) - 21:29 に投稿

■写真↑ :フランス南部アマチュアレース界でのEQADS知名度は中々のもの。

 

■写真↑ :写真ではちょうど顔が隠れているが・・逃げに乗った宇賀が、レースを動かした後に表彰台獲得。2017年のトライアウトで唯一選ばれた期待の星が、ついに結果を出した。

 

レース&カテゴリー名

プリ・デ・フェット・ド・ラ・サンミシェル(FFC 2,3,J)

Prix des Fêtes de la St Michel(FFC 2,3,J)

期間・日程

2018年9月16日(日)

80.5km(11.5km x 7)

EQADSからの出場選手

小笠原匠海(EQADS)

宇賀隆貴(EQADS)

開催地

ヴィルミュール

 

【結果/リザルト】

1位:MENVILLE Léo(AS VILLEMUR)
2位:LEDIG Julien(GSC BLAGNAC VELO SPORT 31)
3位:宇賀隆貴(EQADS)
4位:ROZES Clément(UV AUCH GG)
5位:LOPEZ Clément(CA CASTELSARRASIN)
6位:GAUTIER Guillaume(CA CASTELSARRASIN)

12位:小笠原匠海(EQADS)

<浅田監督によるコメント>

『昨年は渡邉歩が優勝している。レースは序盤から8人に逃げが決まり宇賀と蠣崎が乗る。蠣崎は中盤不運なパンクで戦列離脱。宇賀が勝負するがゴールスプリントでは地元VILLEMURとGSC BLAGNACに次いで3位でのゴールとなりフランス最終戦にして宇賀自身初の表彰台となった。』

【参考リンク】

<2018年「エキップアサダ(EQADS)」メンバー>